マイカーローンの仮審査・事前審査を初めて利用する方へ

マイカーローンの審査には「仮審査」「事前審査」という審査があります。マイカーローン比較をする場合は、仮審査・事前審査を賢く利用するのが失敗しないコツです。

マイカーローンの仮審査・事前審査を初めて利用する方へ

マイカーローンの仮審査って知らない人が多いみたいですね。

仮審査は本審査の前に受ける事前審査のことで、審査事態は金融機関で行います。

ちなみに本審査は保証会社が行うことになります。

マイカーローンの審査条件の中に「保証会社の保証を受けられる方」という項目があります。

保証人を付けなくていい代わりに保証会社の審査に通って保証してもらえないと「お金を貸せませんよ。」ということです。

本審査では保証会社の審査を受けることになり、収入や他社借入などの返済能力と勤続年数や勤務先などによる信用力を元に審査をするわけです。

その本審査を受ける前に受付窓口の金融機関にて同様の審査を行い、お金を貸せる可能性があるかどうかの目安を調べるのが仮審査・事前審査となります。

銀行などの金融機関では独自の審査基準や申込者の与信データに応じた審査結果のデータを元に、審査可否や借入額について目安を告知します。

もちろん無料で審査してもらえますし、審査後に本申し込みに進まなくてもキャンセル料も発生しません。

とりあえず仮審査を受けておいて、ローンが組めるかどうかの目安を知っておくのが賢い使い方です。

複数の金融機関のマイカーローンで仮審査に申し込んで、目安を調べてから金利などを比較して条件のよい金融機関に本申込みするのが失敗しない利用法だと言えます。

 

仮審査・事前審査を利用する注意点


仮審査・事前審査の注意点としては、あくまでも仮の審査なので、本審査を受けた時に審査落ちする可能性もあるということです。

審査落ちする理由としては、「書類の不備」「虚偽記載」などがあります。

書類の不備の場合は間違いを修正して再提出すればいいのですが、虚偽記載の場合は確実に審査落ちとなります。

仮審査ということで、年収や勤続年数などを正確に記入しない人が一定数いるようです。

仮審査の時点では年収を証明する書類などは必要ありませんが、本審査の場合は「収入証明書」「納税証明書」など収入を証明する公的な書類が必要となります。

書類の内容と記入した内容が違っていれば、虚偽記載となり「間違ってました。」では済まないことになります。

中には「本審査の時に正しい情報を入力すればいいだろう。」と思う人もいるみたいですが、仮審査のデータがそのまま本審査に流用されるので仮審査の時点から正しい情報を入力しましょう。

仮審査は賢く利用すると非常に便利なので、マイカーローン比較の場合に活用してみましょう。

ここ数年で仮審査・事前審査のサービスを提供しているマイカーローン・自動車ローンも増えてきました。

ネット銀行だけでなく大手都市銀行や地方銀行も公式サイトから仮審査のサービスを利用することができます。

パソコンだけでなくスマートフォンからも利用できるので、会社の休み時間や帰宅後の深夜でも申し込むことが可能です。

仮審査や事前審査を無料でお手軽に利用できるマイカーローンを紹介していますので、参考にしてみてください。